自民、総裁任期を「3期9年」に延長へ 17年3月に党則改正

印刷

   自民党は2016年10月26日午後に開いた「党・政治制度改革実行本部」の総会で、これまで「連続2期6年」としていた党総裁の任期制限を「連続3期9年」に延長する党則の改正案を了承した。17年3月の党大会で党則を改正する見通し。複数のメディアが報じた。

   2期目の安倍晋三首相は18年9月に任期満了を迎えるが、党則が改正されれば次期総裁選に立候補することができる。再選されると、1964年に発足した佐藤栄作政権を超え、戦後最長政権になる可能性もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中