産後の関根麻里「激太り」指摘に 女性大反論「これが普通」

印刷

   タレント・関根麻里さん(32)の体型の変化が注目されている。先日行われたイベントの様子が報じられると、インターネット上に「激太り」「別人」との声が相次いだのだ。

   一方、これに怒りをにじませているのが女性たちだ。関根さんは2015年11月に第1子を出産しているため、これくらいのぽっちゃり体型は「普通」だと指摘する。

  • イベントに登場した関根麻里さん(2016年11月9日撮影)
    イベントに登場した関根麻里さん(2016年11月9日撮影)

「激太りにも程がある」「俺の知ってる関根麻里とは違う」

   関根さんは14年8月に歌手Kさん(32)と結婚し、15年11月に長女を出産。仕事には16年4月から徐々に復帰しており、11月9日には産後2度目のイベントに参加した。

   この日、取材陣から愛娘について聞かれると「もー可愛いです!親バカってこういうことなんだなって」と幸せいっぱいの笑顔をみせた。子育てに関して「1日中おっぱい(母乳)あげては、おむつ換えてはの繰り返しなので『私おっぱいマシンだな』って」と語り、取材陣を笑わせる場面もあった。

   ところが、そんな様子がワイドショーやネットニュースで紹介されると、ネット上では、関根さんの体型に話題が集中。

「激太りにも程がある」
「別人かと思った」
「俺の知ってる関根麻里とは違う」

といった声が相次ぎ上がった。

   確かに産休前の関根さんと比べると、全体的にぽっちゃりとしたことは間違いない。この日はゆったりしたシルエットのワンピースだったため体型の変化は分かりにくいが、もともとスッキリしていた顎まわりは二重になり、頬もよりふっくらした印象だ。

   体型の変化については、徳間書店運営のニュースサイト「アサジョ」も産後初のイベントがあった数日後の記事「関根麻里、出産後初イベントでの激太りぶりに報道陣が『誰、このオバサン?』」(10月31日配信)で取り上げている。

「親近感がわく」との声も

   しかし、こうした「激太り」指摘には反論も上がっている。というのも、妊娠を通して体重が増えるのは自然なことであり、産後の体型戻しにはある程度時間がかかるためだ。

   厚生労働省によると、妊娠中の推奨体重増加量は7~12キロ(体格区分が「ふつう」の場合)。出産後は6か月を目安に標準体重に近づけることが望ましいとしている。一般的には半年程度で元の体型に戻る人が多いようだが、個人差があり、なかなか戻らずに悩む女性も少なくない。そのためネット上には、女性らから

「ママはこれくらいじゃないとね」
「だいぶ丸くなったけど赤ちゃんのお母さんならこれが普通」
「(自分も)めまぐるしい日々で体型なんて、気にしてなかった」
「女優さんとかが産後すぐでも『ウソでしょ?』ってくらいスレンダーで出てくる方が異常なのです」

といった意見が投稿されている。

   最近では産後すぐにスリムな姿を披露する女性有名人が多い。たとえばモデルの加藤夏希さん(31)は産後1か月弱で8キロ減量。7月、その姿をインスタグラムに投稿して話題を呼んだ。13年6月にはタレントの辺見えみりさん(39)が出産からわずか2週間で10キロ減ったことをブログで報告し、ファンを驚かせた。

   ただ、こうしたケースは一般的とは言い難く、中には1年経ってもぽっちゃりのままという女性もいるだろう。関根さんに対しては「親近感がわく」「好感持てる」とする声も目立つ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中