「不倫」田中萌アナ、取材知らずに「次の文春砲いつ?」 記者とのやりとり再現していた6日前

印刷

   2016年12月8日発売(首都圏など)の『週刊文春』で不倫疑惑を報じられた、テレビ朝日の田中萌アナウンサー(25)と加藤泰平アナ(33)が同日、ともにレギュラー出演していた同局の報道・情報番組「グッド!モーニング」の出演を見合わせた。

   そんな中、インターネット上でにわかに注目を集めているのは、文春記者がVTRで登場した12月2日の「グッド!モーニング」の放送だ。その中では、田中アナ自らが「次の文春砲はいつですか?」というセリフを読み上げる場面もあった。

  • 「次の文春砲はいつですか?」と田中アナ(画像はテレビ朝日公式サイトより)
    「次の文春砲はいつですか?」と田中アナ(画像はテレビ朝日公式サイトより)

「ちょっとヒントをお願いできませんかね」

   2人の不倫疑惑を報じた週刊文春の発売6日前。12月2日に放送された「グッド~」では、前日に行われた「2016ユーキャン新語・流行語大賞」に出席した文春記者へのインタビューVTRが放送された。

   受賞の感想などを聞いたVTRが終わると、画面は田中アナがMCをつとめるスタジオへ。そこでは、「記者が明かす次なる『文春砲』は」と題し、番組ディレクターと文春記者の会話をMC陣が再現するコーナーが取り上げられた。

   番組ディレクター役を演じた田中アナはまず、

「次の文春砲はいつですか?」

と質問。それに対し、文春記者を演じる吉野真治アナが「来週号で1個大きいのあるんじゃないですか」と返答。その上で、記事の内容については、

「現場を震撼させるような...」

とだけ説明。これに田中アナ(番組ディレクター)が「えっ?現場?ちょっとヒントをお願いできませんかね」と食い下がると、吉野アナ(文春記者)は、

「ん~・・・。最後に逃げられたくないんで、勘弁して!」

と返答し、会話の再現コーナーは終わった。こうしたやり取りについて、田中アナは「かなり思わせぶりな感じでしたね」と他人事のようにコメントしていた。

   文春記事によれば、同誌記者が田中アナ本人に「不倫疑惑」を直撃したのは12月3日。田中アナが番組で「文春砲」に言及した翌日のことだ。

「聞かれた文春側も笑いこらえてたんだろう」

   共演者との不倫疑惑を報じられた田中アナ自身が、その番組中に文春記者との「意味深なやり取り」を再現していたことを受け、ツイッターやネット掲示板には、

「まさか自身の身にふりかかるとはねぇ...」
「このやりとり笑った 次の文春砲が自分の事だと思わずに」
「聞かれた文春側も笑いこらえてたんだろうなあ」

といった書き込みが相次ぐことになった。

   なお、田中アナと加藤アナは8日の「グッド~」の出演を見合わせた。番組中には2人が欠席した理由の説明はなく、報道にも触れなかったが、テレビ朝日広報部はJ-CASTニュースの取材に対し、

「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきますが、報道・情報番組ということもあり、出演は当面見合わせることにしました」

と回答した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中