マリオラン1200円は高いか 「クソゲー」「搾取」の批判

印刷

   「片手であそぶ、新しいマリオ」をキャッチコピーにした任天堂のスマートフォン(iOS)向けゲームアプリ「SUPER MARIO RUN(スーパーマリオラン)」が2016年12月15日(米国時間)、ついにリリースされた。「ポケモンGO」を超えるとの予測もあり、さっそく大きな注目を集めている。

   そうした中、日本のネットユーザーの間では「全プレイには1200円」という設定をめぐり、議論が巻き起こっている。

  • 12月15日、ついにリリース(スーパーマリオラン公式サイトのスクリーンショット)
    12月15日、ついにリリース(スーパーマリオラン公式サイトのスクリーンショット)

「なんで無料じゃないの」

   マリオランは、スーパーマリオシリーズとしては初のスマートデバイス向けゲームだ。プレイヤーは走り続けるマリオをタップ操作で動かし、コインを集めながらゴールを目指す。また、コイン枚数とアクションの多彩さで他プレイヤーと競うモードもある。

   15日の配信開始前から「ポケモンGO」に匹敵、もしくはそれ以上――といったヒット予測が出ていたほどで、16日未明、日本でも配信が始まるとネット上は大盛り上がりとなった。

   ところが、ほどなくして「価格設定」への不満も目立つようになった。ツイッター上にはこんな投稿が相次いでいる。

「マリオラン全部のワールドやるのに1200円もかかるとか聞いてない」
    「めっちゃたのしみにしてたのになんで3までしか無料じゃないの」
    「無料配信なのに1200円払わないと進めないのかよ、クソゲーじゃん」
    「搾取する気満々やな任天堂」

   マリオランは無料でダウンロードでき、ゲームの一部はお試しで遊べるようになっている。ただ、基本的には「買い切り型」のゲームであり、すべてプレイするには1200円払う必要がある。

   1200円は、スーパーマリオシリーズのゲームの中ではお手頃だろう。たとえば2013年発売のWii U用ソフト「スーパーマリオ 3Dワールド」は5700円、2012年発売のニンテンドー3DS用ソフト「New スーパーマリオブラザーズ 2」は4571円(ともに希望小売価格/税別)だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中