クリスマスプレゼントの墓場 メルカリ、早くも女性アクセサリー大量出品

印刷

   指輪などの女性用アクセサリーが、クリスマスを挟んだここ2、3日でフリーマーケットアプリ「メルカリ」に大量出品されていると、ツイッターなどで報告が相次いでいる。

   その理由は必ずしも明らかではないが、男性からのクリスマスプレゼントがあっという間にメルカリに持ち込まれているのではないかという憶測が後を絶たない。

  • クリスマスプレゼントが出品されている?(写真は記事とは関係ありません)
    クリスマスプレゼントが出品されている?(写真は記事とは関係ありません)

「心が痛むからやめてほしい」

   「一度も使った事なくお売りすることにしました!」。こんなうたい文句が付いていたのは、国内最大手のジュエリーブランド「4℃」のハート型ピアスだ。

   クリスマスイブの2016年12月24日にメルカリに出品され、送料込みで2万5000円の値が付いていた。

   ツイッター上では、クリスマス前後に女性用アクセサリーがメルカリに数多く出品されていたと画像が投稿され、次々にリツイートされて反響を集めている。どこでアクセサリーを手に入れたかほとんど書かれていないが、女性が男性からもらったクリスマスプレゼントではないかとの憶測が流れている。

   それらを見ると、5000円から2万円ぐらいが多く、指輪やピアスのほかネックレスや腕時計なども出品されていた。中には、4万円強の値が付いたイタリアのブランド「ブルガリ」の指輪もあった。そうした中で、ツイッターでは、4℃のアクセサリーを挙げる報告も多い。

   こうした状況に、ネット掲示板などでは、「メルカリが男からのクリスマスプレゼントの墓場化している」「昔質屋   今メルカリ   なのか」「心が痛むからやめてほしい」といった声が次々に書き込まれている。中には、「キャバ嬢のプレゼントの換金?」などと推測する向きもあった。

   実は、メルカリでは、15年もクリスマスプレゼントと見られるアクセサリーが大量出品されていると話題になっていた。

「『4℃』出品が増加の事実はない」

   メルカリは12月16日、15年のことをもとに、「クリスマス後に売られない」プレゼントランキングを発表している。

   クリスマス前後で出品数が減少したものを上位に挙げており、その中で、「4℃」は5位に入っていた。メルカリの調査によると、4℃は15年に大量出品が話題になったものの、実は出品は減少していたことが判明したという。とすると、16年も実は減少していた可能性もあるが、どうなのだろうか。

   メルカリの広報担当者は26日、J-CASTニュースの取材に対し、「『4℃』の商品の出品数はメルカリ全体の出品数の推移と同じで、特に増加しているという事実はありませんでした」と答えた。

   クリスマスで出品の全体量が増加したということはないと否定したが、アクセサリーの中では、小さな飾りのチャーム、足首用のアンクレット、指輪の順で出品が増加したことを明らかにした。

   メルカリでの出品について、4℃ホールディングスのIR課では、そのような事実があることは認識しているが、この件について会社としてコメントすることはないと取材に答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中