SMAP解散「本人たちの希望ではない」 デーブ発言に「よくぞ言ってくれた!」

印刷

   結局、SMAPの解散理由は最後までメンバーの口から語られることはなかった。スポーツ紙や週刊誌では「メンバーの不仲説」が取り沙汰されてきたものの、真相は今も分からない。

   そうした中、「解散は本人たちの希望ではない」とテレビ番組で主張した人物が注目を集めている。テレビプロデューサーのデーブ・スペクターさんだ。

  • デーブ・スペクターさん(2016年8月撮影)
    デーブ・スペクターさん(2016年8月撮影)

「身内的な事よりも、事務所のドタバタ」

   年明け一発目のフジテレビ系「とくダネ!」(2017年1月4日放送)では、12月31日をもって解散したSMAPをめぐるさまざまな動きを取り上げた。

   コメントを求められたデーブさんは「オーストラリアのテレビ局から取材が来た」と切り出し、

「『これだけ日本のSMAPは人気があるのに、なぜ解散するのか、しなければならないのか。理解できない』ということで。アジアを中心に相当関心が高いんですよね」

と海外事情を解説。そこで司会の小倉智昭氏から、取材にどのように答えたのか尋ねられると、

「身内的な事よりも、事務所のドタバタ、いろんなこと、対人関係がエスカレートしてこうなってしまったけど、本人たちの希望ではないということ」

と語った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中