「もう出てこないでほしい」 桜田淳子復活に「夜回り先生」

印刷

   芸能活動を休止中の桜田淳子さん(58)が、2017年4月に開かれる舞台「スクリーン・ミュージックの宴」で、1夜限りの復活を果たす見通しになった。桜田さんがステージに立つのは、13年11月26日の40周年公演以来3年4か月ぶり。

   この「1夜復活」を報じたスポーツ紙は「貴重な姿」と肯定的だが、様々な「異論」も出ている。

  • 桜田さんは近年でもベスト盤が多く発売されている(写真は2015年発売の「桜田淳子 ベスト ヒット」)
    桜田さんは近年でもベスト盤が多く発売されている(写真は2015年発売の「桜田淳子 ベスト ヒット」)

「高校時代は山口百恵派と決闘」

   桜田さんの「1夜限りのステージ」は2月1日、日刊スポーツが報じた。同紙によると、

「プロデューサーの増田久雄氏(70)との縁と、40周年公演のファンの好反応に背中を押された」

ことで公演が実現することになったといい、

「92年に芸能活動を休業して以来、ステージに立つのは2度目という、貴重な姿になる」

などと期待感をにじませながら報じた。

   2月2日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS)では、増田氏が電話インタビューに答えて

「やっぱり完全に主婦でありお母さんでしょうけども、昔のオーラというか輝きというか、それはまだまだあるな、と思いましたね」

などと今回のステージが実現した背景を説明した。

   これに続き、コメンテーターとして出演していた「夜回り先生」こと教育者の水谷修さん(60)は、桜田さんの大ファンだったといい、

「高校時代にものすごく流行っていて、高校が2分したんです。山口百恵派と桜田淳子派に分かれて、百恵派は暗いんですよ。文化系が多い。桜田淳子派はね、体育会系の我々が多くて、決闘になりましてね、当然、勝ったのは我々桜田淳子派」

と熱く持論を展開していたが、コーナーの最後には一転、

   「でもきっと、沢山の人が、過ぎた日の美しい思い出はそのまま、あんまり、もう出てこないでほしいと思ってると思います」

と、しんみりと話した。これには司会の国分太一さん(42)が

「最後の締めの言葉としては最悪なコメントでございました」

と苦笑いしていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中