松本人志「アッコさんのパワハラ好きだし」発言 広がるテレビと視聴者のズレ

印刷

   和田アキ子さん(66)による、出川哲朗さん(52)への「狩野電話パワハラ」騒動。2017年2月5日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、ダウンタウンの松本人志さん(53)が「パワハラでしょ」と認めつつ、バラエティー番組ならではの事情を理由に、持論を述べた。

   2月2日の「バイキング」(フジテレビ系)で和田さんは、「ハラスメントの意味が違うと思うんですけど」と主張し、「アッコにおまかせ」(TBS系)の1月22日放送前、出川さんに「電話するかもわからへんで~」などと事前通告していたため、ハラスメントではないと主張した。「ワイドナショー」では、この話題について取り上げた。

  • 松本人志さんが持論を語った(左は16年11月撮影)
    松本人志さんが持論を語った(左は16年11月撮影)

「バラエティーでは、ある種、必要悪」

   「ワイドナショー」で、最初に話を振られたのは、小籔千豊さん(43)。「出川さんがたぶん一番嫌がってると思うんですよね」と切り出す。一連のやり取りを嫌だと感じたなら、番組降板や和田さんへの訴訟をすればいいと言い、一連の騒動はネットで騒ぎ立て、和田さんや出川さんを責める人による「ネトハラ(ネットハラスメント)」ではないかと指摘した。

   MCの東野幸治さん(49)が松本さんに意見を求めると、「パワハラでしょ」とバッサリ。事前に電話するかもと伝えていた、との主張もパワハラで、仮に番組終了後、出川さんに「パワハラじゃないよな!」と同意を求めたとしたら、それもパワハラになると説明する。

   しかし、笑いに包まれるスタジオで、松本さんはこう続ける。

「ただ......パワハラ、ダメなんですか?」

   会社や学校は別として、バラエティー番組において、パワハラは「ある種、必要悪」だというのだ。

「僕はアッコさんのパワハラ好きだし、嫌な気しないし......」

   ジャングルのような芸能界で、「ゴリラ」のような和田さんは力強い存在だ。あくまでテレビ番組内での構図であり、一般的な「パワーハラスメント」とは違う枠組みで考えようとの意見だ。

「そのパワーやめてくれってのは......なんやったら、コレ(ゴリラのように両手で胸をたたくポーズ)しよるわけですから」

ツイッターでは「視聴者が不快になるのが問題」

   ツイッターを見てみると、松本さんの意見には「一理ある」などの賛同が出ている。しかし、芸能界がパワハラを「必要悪」とするか否かではなく、単純に視聴者が「不快」と感じる番組づくりに問題があるのでは、との意見のほうが優勢だ。

「どんどんテレビと視聴者の感覚のズレは深まっていくばかりね」
「視聴者は和田のパワハラを受けても、メリットも恩恵もないですしね」
「パワハラかパワハラじゃないかじゃなくて、日曜お昼の番組で視聴者が不快になるのが問題だったのでは」

   そもそも電話の相手である狩野英孝さん(34)は、17歳との淫行疑惑で謹慎中の身。そんな渦中にある人物を電話口に出そうとすることが、出川さんへの電話強要よりも問題なのでは、といった意見も出ている。

   通常の日曜日は、「ワイドナショー」終了の30分後、別のチャンネルで「おまかせ」が放送されることになっており、東野さんも番組で「きょうのお昼もね、オープニングから『ドドドドーン』って(両手で胸をたたく)」と、和田さんの「ゴリラ」っぷりを期待する発言をしていた。しかし、5日は「別府大分毎日マラソン」の中継により「おまかせ」は休止で、和田さんのこの件に関する反応は次週にお預けとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中