伊代のブログ「絶対止める」 線路立ち入り騒動にヒロミが謝罪かつ明言

印刷

   タレントの松本伊代さん(51)が線路内に無許可で立ち入ったことについて、夫でタレントのヒロミさん(51)が2017年2月12日午前放送のフジテレビ系情報番組「ワイドナショー」で「ダメなものはダメ」と改めて謝罪した。

   番組では、伊代さんの状況を考えて、「かわいそう」との意見も出ていたが...。ヒロミさんは、「本当に大変いろんな方に、本当にご迷惑をおかけして、本当に...」と、「本当に」を繰り返した。

  • ヒロミも厳しくせざるをえなかった?
    ヒロミも厳しくせざるをえなかった?

松本人志「なんかかわいそうじゃない?」

   番組では、冒頭から、伊代さんがタレントの早見優さん(50)と京都市内のJR山陰線の線路内に立ち入ったことを取り上げた。この件では、伊代さんが2人の写真をブログに一時的にアップし、京都府警右京署から鉄道営業法違反の疑いで書類送検される事態になっている。

   司会の東野幸治さん(49)から、当時の状況について聞かれると、ヒロミさんは、所属事務所代表の立場もあって、「これダメです」と写真の削除と謝罪を命じたことを明らかにした。府警から事情を聴きたいとの連絡が入ると、スケジュールの都合から少し先でとの話も出たが、「こういうのは早めの方がいい」とすぐに行くように伝えたという。

   伊代さんが関係者と府警に出頭し、事情聴取は6時間にも及んだ。ヒロミさんは、「僕もきつく言いましたし、本人も反省してます」と言いながらも、「責任は最終的には僕にある」と話した。

   ヒロミさんは、伊代さんに悪意があったのではなく、違法行為となることに気づいていなかったとしたが、「それでもダメなものはダメ」と強調した。

   これに対し、コメンテーターのダウンタウン松本人志さん(53)は、こんな意見を挟んだ。「僕もちろん、ヒロミの立場ではね、そう言うでしょうけど、なんかかわいそうじゃない?」と。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中