「幻の本塁打」少年の顔を報道 「メディアはバートマン事件も知らんのか」

印刷

   野球日本代表「侍ジャパン」は2017年3月7日、第4回WBCでの「初陣」となる対キューバ戦に快勝した。だが、この試合ではグラウンドにいた選手以上にネット上の注目を集めた「観客」がいた。

   その観客とは、レフトスタンドで侍ジャパンを応援していた少年だ。彼は、侍ジャパンの選手が放ったホームランを「妨害」したとして、ネットユーザーから猛バッシングを浴びている。だが一方で、この少年の行為を報じた一部メディアに対しては、「未成年を晒し者にするのか」と問題視する動きも高まっている。

  • スポーツ各紙は「幻のホームラン」を大きく取り上げた
    スポーツ各紙は「幻のホームラン」を大きく取り上げた

ホームラン性の当たりを「キャッチ」

   事件は、1-1の同点で迎えた4回ウラの侍ジャパンの攻撃中に起きた。1アウト2塁のチャンスで打席に立った山田哲人選手は、レフト方向に強烈なホームラン性の大飛球を放った。

   だが、この打球がスタンドに入る直前、レフトスタンド最前列にいた少年が身を乗り出すようにしてキャッチ。この行為を受け、審判団がビデオ判定を行った結果、山田選手の打球はホームランではなく「二塁打」として試合が再開することになった。

   こうした判定を受け、打球をキャッチした少年に一部のネットユーザーが激怒。少年の行為がなければ「判定はホームランだった」として、

「バカなファンが山田のホームランキャッチして二塁打にしちゃったよ...捕らなきゃスタンドインだったのに」
「2度と野球見にくるな」

といった批判の声をツイッターに寄せたのだ。試合中には一時、ツイッターのトレンドには「クソガキ」など複数の関連ワードが登場するほど、少年に対するバッシングは過熱していた。

   観客がプレー中にグラウンド上の打球を触ることは野球規則で「妨害行為」とされており、大リーグでは退場処分になったケースもある。そのため、今回の少年の行為には問題があるのだが、ネット上でのバッシングは「異常」と言えるほど高まっていった。

   一部のネットユーザーは、ツイッターを通じて少年の氏名や通う学校などの個人情報を「特定」したと主張して公開。また、球場にいた観客の中には、少年の写真を撮影してリアルタイムでツイッターに投稿する人も出ていた。こうした写真や個人情報をネット上で拡散するユーザーも現れるなど、騒動は深刻化している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中