半年間のダイエット大反省会(後編) ダラダラ父さんがこれで運動に目覚めた

印刷

   2015年9月から半年間に渡って、36歳男性、木村清志さん(仮名、以下キヨシさん)のダイエットをリポートしてきた。2016年5月4日付の記事では、食生活の改善について振り返ったが、今回は「運動編」だ。

   実は食事制限よりも、運動の習慣づけの方が困難だった。ダイエット終盤になって自主的に体を動かすようになったが、その変化のわけを探ってみよう。

最寄り駅1つ先まで歩く、仕事中背筋を伸ばす...挫折の数々

見事ゴール!半年あまりのご愛読ありがとうございました
見事ゴール!半年あまりのご愛読ありがとうございました

   キヨシさんは、平日は仕事が多忙で帰宅が夜遅く、土日は家でのんびり過ごす生活スタイルだった。疲れているから休日くらいはソファーでゆっくりしたいし、人ごみの中を出掛けたくない、とあまり体を動かしていなかったのだ。

   そこで最初に、週末に外出する際の車移動を、可能な限り徒歩に切り替えてもらった。例えば息子の塾への送り迎えで、片道15分を歩くようになった。さらにダイエット開始から1か月半たったころ、息子を誘って公園でサッカーを楽しんだ。これには妻の美香子さん(仮名)が思わず「奇跡的な光景が見られました」と仰天したほどだ。

   半面、挑戦失敗も少なくない。室内で体を動かせるようにと掃除や洗濯物干しといった家事を勧めたが、キヨシさんは「動かざること山の如し」だった。本人の名誉のために書けば、全く家事をしない「ダメパパ」ではないのだが、率先して掃除機をかけたりする気配はなかった。

キヨシさん「家事は面倒臭くて...『やらなきゃいけない』という義務感が発生すると、どうも気が進まないんですよね」

と頭をかく。早起きして最寄り駅の1つ先まで歩き、駅周辺で朝食をとる、帰宅時は会社から1駅分遠くまで歩いてから電車に乗る、というアイデアもあったが、ほとんど試さないまま消えてしまった。

   1日の大半を過ごす職場での「仕事中ダイエット」にもトライした。デスクワーク中に背筋を伸ばす、シンプルな方法だ。続けようと極力粘ってはみたが、習慣づけられなかった。

編集部「どうして継続できなかったのでしょう?」
キヨシさん「姿勢を正していても、仕事に集中し始めるとどうしても『二の次』になってしまいました。姿勢が崩れるたびに直すようにしたのですが、いつの間にか忘れてしまう、を繰り返していました」
地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中