高畑裕太は甘やかされ過ぎたのか 「仲良し母子」と「ムスコン」の間

印刷

   俳優・高畑裕太容疑者(22)の逮捕を受けて、母親で女優の高畑淳子さん(61)が2016年8月26日、謝罪会見を開いた。

   今回の事件では「高畑容疑者は甘やかされて育った」と報じるメディアも出ている。「仲の良すぎる母子」の関係に、問題があったのだろうか。

  • 謝罪会見に臨んだ高畑淳子さん(2016年8月26日撮影)
    謝罪会見に臨んだ高畑淳子さん(2016年8月26日撮影)

あけすけ発言や先輩への非礼を叱ったか

   テレビでしばしば紹介されてきた、高畑容疑者のインスタグラムの動画では、母子で笑いながら乾杯する様子が映っている。バラエティー番組で2人はたびたび共演し、淳子さんが仕事場に同伴して高畑容疑者を売り込むこともあったと伝えられた。

   だが、子育ては順調ではなかった。2016年8月26日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、高畑容疑者が中学時代に生活が荒れ、部屋からは母と子の怒鳴り合いが聞こえた過去や、全寮制の高校に進学したことに関して、淳子さんが「邪魔だったから出したみたいな感じがちょっとあって、すごく罪悪感みたいなのがあった」と振り返っていた。

   高畑容疑者が俳優を志し、テレビに出るようになると、淳子さんから頻繁に「ダメ出し」が浴びせられるようになったという。厳しく仕込もうという親心が垣間見られる。その一方で、番組で性に関するあけすけな発言をしたり、芸能界の大先輩にも「タメ口」で会話したりと、成人男性としては少々常識にかける行動については、注意や助言をしていたのだろうか。こうした先輩芸能人のひとりに、淳子さんは後日息子の非礼をわびに来たそうだが、高畑容疑者本人に対して叱ったかどうかは不明だ。

   経済ジャーナリストの木暮太一氏は、先述の「とくダネ!」のなかで、以前高畑容疑者がテレビで「女性をお姫様抱っこしてベッドに投げた」と話した際に、隣にいた淳子さんがその発言を許していた点を指摘し、「仲がいい母子だったとしても『そんなこと言うものではないし、考えるものでもない』と、母親としてその時にきつく指導した方がよかったと思う」と述べた。

   淳子さんの高畑容疑者への向き合い方について、8月24日付のスポーツ報知(電子版)は「演劇関係者から『甘やかしすぎ』という声も上がっていた」と報じた。ただ、具体的にどの点が「甘やかしすぎ」なのかは触れていない。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中