NASAも「21世紀の主要食」と太鼓判 愛娘にスーパーフード「キヌア」菓子を

印刷

   我が家の長女(11歳)はバレエを習っており、目下の悩みは「体が細くないこと」です。健康体重から見ればそうでもないのですが、バレリーナという観点からみると、太い。

   聞いたところによると、娘より上のレベルの女の子たちは、本連載で以前紹介したエナジーバーのようなものしか食べていないとか。いくらバレリーナとして細い体型が好ましいとはいえ、 極端な食生活は長い目で見て体に良くないのはわかっていますし、そうさせたくない。それに成長期ですから、必要な栄養素を摂取するためにバランスのよい食事をとらせたい。でもお菓子を無理に我慢させたら、あとで反動がくる。長女にとって、今とても役立っているのが「キヌア」のお菓子です。

  • キヌアのチップスは軽くて食べやすい
    キヌアのチップスは軽くて食べやすい
  • 値段は4.99ドル(約570円)と高め
    値段は4.99ドル(約570円)と高め

たんぱく質やミネラル、ビタミンB類が豊富

   キヌアは、このコラムで以前紹介したココナッツオイルやチアシード、モリンガやスピルリナと同じく「スーパーフード」のひとつ。南米産の雑穀の一種で、コメや小麦に比べてたんぱく質やミネラル、ビタミンB類が豊富に含まれています。ハリウッドセレブたちが積極的に食べていることで知られ、一般消費者の間での認知度は高いです。

   「糖質ダイエット」では、ご飯に代わる主食として利用され、女性には頼もしい食材。最近、米国ではキヌアの入った市販のお菓子も増えてきました。栄養価の高いものが多く、学校にスナックを持っていかなければならない娘にとってはかなり助かります。

   例えば、クッキー。バターがたっぷり入ってサクサクした食感のクッキーはおいしくて、いくらでも食べられますが、カロリーが高い。それに比べてキヌア入りのクッキーは、カロリー控えめですし、しっとりとした食感で甘さはほどよい。栄養価が高いのみならず、アップルパイ味やチョコレートチップ入りと子どもたちが大好きな味なので、喜んで食べてくれます。

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中