女性は歓喜、男性は「ふざけるな」 「透けない白衣」思わぬ大反響

印刷

   「透けない白衣」を開発したメーカーに、なぜか抗議が届いている。

   女性看護師向けに、下着の色や柄が透けないとして特許を取得した画期的な商品だが、男性からは不満を込めた問い合わせが来ているとメーカーの担当者は明かす。だが一方で、J-CASTヘルスケアの取材に「ある程度予想された抗議でした」とも話した。

  • 「裏地付透けない白衣」(左から)ツーピースタイプ、パンツのみ、ワンピースタイプ(提供:大真)
    「裏地付透けない白衣」(左から)ツーピースタイプ、パンツのみ、ワンピースタイプ(提供:大真)
  • 透けない技術は特許取得済み(提供:大真)
    透けない技術は特許取得済み(提供:大真)

1年間で2つしか売れなかったのに

   制服・作業服メーカーの大真(たいしん、本社・東京都千代田区)が開発した「裏地付透けない白衣」は、その名の通り「透けない」ことをセールスポイントにした商品だ。16年12月13日の取材に答えた大真の開発担当者・西原成幸氏によると、白のYシャツやブラウスに代表されるように、白色は光の透過性が高く、下着が透けやすい。女性看護師用の白衣は「透けにくい」商品は多かったが、「透けない」と言い切るものはなかった。大真は約5年かけて開発した特許技術で光の遮断に成功し、2015年8月に発売した。

   西原氏によると「PRに失敗して当初はほぼまったく売れなかった」。しかし、16年夏に東京都中小企業振興公社のニューマーケット開拓支援事業対象商品に選ばれると、たちまち注目を集めた。それまでの約1年で累計2点だった販売数が、大幅に増加したという。

   商品が知られるようになると、「待ってました」「ぜひ買いたいので商品サンプルを見たい」「透けない白衣の存在を知り、居ても立ってもいられない」といった問い合わせが女性看護師から数多く寄せられたと西原氏。「病院の多くの女性スタッフが購入したいと言っている」と、大口の案件も舞い込んだと、ホクホクのようだ。

   ところが、男性からは全く逆の反応が飛び出した。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中