2018年 10月 23日 (火)

女性は歓喜、男性は「ふざけるな」 「透けない白衣」思わぬ大反響

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「透けない白衣」を開発したメーカーに、なぜか抗議が届いている。

   女性看護師向けに、下着の色や柄が透けないとして特許を取得した画期的な商品だが、男性からは不満を込めた問い合わせが来ているとメーカーの担当者は明かす。だが一方で、J-CASTヘルスケアの取材に「ある程度予想された抗議でした」とも話した。

  • 「裏地付透けない白衣」(左から)ツーピースタイプ、パンツのみ、ワンピースタイプ(提供:大真)
    「裏地付透けない白衣」(左から)ツーピースタイプ、パンツのみ、ワンピースタイプ(提供:大真)
  • 透けない技術は特許取得済み(提供:大真)
    透けない技術は特許取得済み(提供:大真)

1年間で2つしか売れなかったのに

   制服・作業服メーカーの大真(たいしん、本社・東京都千代田区)が開発した「裏地付透けない白衣」は、その名の通り「透けない」ことをセールスポイントにした商品だ。16年12月13日の取材に答えた大真の開発担当者・西原成幸氏によると、白のYシャツやブラウスに代表されるように、白色は光の透過性が高く、下着が透けやすい。女性看護師用の白衣は「透けにくい」商品は多かったが、「透けない」と言い切るものはなかった。大真は約5年かけて開発した特許技術で光の遮断に成功し、2015年8月に発売した。

   西原氏によると「PRに失敗して当初はほぼまったく売れなかった」。しかし、16年夏に東京都中小企業振興公社のニューマーケット開拓支援事業対象商品に選ばれると、たちまち注目を集めた。それまでの約1年で累計2点だった販売数が、大幅に増加したという。

   商品が知られるようになると、「待ってました」「ぜひ買いたいので商品サンプルを見たい」「透けない白衣の存在を知り、居ても立ってもいられない」といった問い合わせが女性看護師から数多く寄せられたと西原氏。「病院の多くの女性スタッフが購入したいと言っている」と、大口の案件も舞い込んだと、ホクホクのようだ。

   ところが、男性からは全く逆の反応が飛び出した。

男性医師、ベテラン看護師長はどう考える

   「男の夢を壊すな」「技術の悪用」「透けるのを楽しみにして病院に行ってるのに...」「この世で一番必要のない研究開発だ」といった男性からの意見が、会社への問い合わせのほか、ネット掲示板やSNSでも沸いた。「透ける」に悩んでいた女性のことを考えると何とも身勝手な批判だが、こうした抗議が寄せられたのは事実だ。西原さんは「16年9月の、ある2週間で集計したところ、A4用紙60枚分の意見がありました。賛否合わせての集計ですが、この時期は否定的なものが多かったです」と明かす。

   ただ、「否定意見が出るのは、ある程度予想されていました」。商品を病院に売り込みに行った発売当時ですでに、男性医師から「白衣が透けて喜ぶ男も結構いるんですよね」との声が出ていたという。女性看護師でも40代以上の看護師長クラスになると、若い看護師への指導に際し、プロ意識から透けるのを受容した上で、嫌なら中に余分に着てガードするように言う人もいたそうだ。

   大真では、寄せられた抗議を「貴重な意見として素直に受け止めます」(西原氏)としている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...