スタバで「耳が不自由」バッジの店員 見事な接客に「勇気もらえる」

印刷

   スターバックスコーヒーの店舗で、「耳が不自由です」と書かれたバッジをつけた店員から接客を受けた、という報告がツイッター上であがった。

   その店員は聴覚障害を持っているようだが、ツイートを見るとサービスを受けて「まったく違和感がなかった」と書かれていた。他のユーザーも同様の経験談を発信している。

  • バッジをつけた店員についてツイッターで報告が相次いでいる(写真はイメージ)
    バッジをつけた店員についてツイッターで報告が相次いでいる(写真はイメージ)

バッジ着用を義務付けてはいない

   ツイッターで注目されたのは2016年11月28日の投稿だ。「店員さんの胸に『耳が不自由です』のバッジ」がついていたが、「最初は気づかず普通に『ドリップをショートで』って頼んだ」という。投稿者はその注文が伝わっていなかったのに感づいてバッジの存在に気付き、改めて「サイズとかブレンドの種類とかマグか否かとか指差しで注文」した。その結果、「客のこちらには何の不都合もなかった」「まったく1mmも違和感のないまま全てのオペレーションが進んでて、すごく嬉しかった」という。

   1万回以上リツイートされて注目を集めたが、これ以前もツイッターでは同様の投稿がいくつもあった。

「スタバで耳の不自由の人が一生懸命働いてた。すごいよね!なんか勇気もらえる。頑張ろうって思える」
   「耳の不自由な店員さんが、優しく接してくれ。手話で『ありがとう』って何回もやってくれたし、ドラえもんと木も描いてくれた。すごい嬉しいし、心暖まるね」
   「スタバに行ったら耳がちょっと不自由なお兄さんが対応してくれたよ。一生懸命な感じも可愛かった。とても癒されました」

   J-CASTヘルスケアがスターバックスコーヒージャパンに取材したところ、広報担当者は「『耳が不自由です』と表記したバッジをつける店員がいるのは事実です。バッジは会社として用意しています」とした上で、こう説明した。

「耳が聞こえない店員に対し、バッジを着用するよう義務付けてはおりません。お客様に快適なサービスを提供したり、スムーズにコミュニケーションを取ったりするために必要だと本人が思えば、任意でつけてもらうようにしています」
地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中