「ワタシ、お裁縫できないのよ」コシノヒロコさん

印刷

   今年の初め、世界的に活躍するデザイナーのコシノヒロコさんとお仕事をさせていただいた。

   いや~、お若い! 今年デザイナー生活50周年、古希を迎えられた方とはとても思えない。お肌もツヤツヤ、髪もサラッサラ! そして何より、目ヂカラがすごい。コシノさんとお話ししていると、その瞳からエネルギーが空気中に次々と放出され、こちらまでアドレナリンがバンバン出てくる、といった感じ。ものすごいパワーをお持ちの方なのだ。

   半世紀にわたってファッション界に君臨されているのも、納得がいく。打ち合わせは大いに盛り上がり、「デザイナーとは何か?」と質問させていただいた。そこでコシノヒロコさんから出た言葉とは・・・

   「経営、人事もデザイナーの仕事です」

   デザイナーはクリエイティブに徹底していればいい。自分の長所を伸ばし誰にも負けない強さを作り、「嫌い」「苦手なこと」は専門家に託す。しかしただ漫然と託すだけではダメ。スタッフの長所を見極めてうまく任せられないデザイナーは、どんなにデザイン能力が高くても成功しないと、おっしゃった。

   「私、描くのは得意だけど、実際お洋服を作るのは苦手だし、数字もまったくダメなの。正確な売り上げも把握していないのよ」

   すぐさま秘書の方に前期の売り上げ確認をされたコシノさん。ズバリ、年商は100億円以上! すごい、すごすぎるっ!!

   そしてもう一つ、経営のデザイン。専門分野に徹するも、トータルでブランディングできなければ、ダメ。デザイナーは、世の中の流れを作り出す職業、俯瞰で見る目がなくてはブランドは成立しないのだ。

   そんなコシノヒロコさんは、念願だったパリ・コレに参加するも、10年で打ち切っている。それはなぜか? パリ・コレといえども新作発表宣伝の一つに過ぎず、海外のコレクションで発表する魅力以上に、費用がかかりすぎて企業として得策と言えないからだそうだ。

   コシノさんは日本発のファッション文化の育成に精力を尽くし、東京コレクションの運営に奔走されている。デザイナーとしてだけではなく、経営者としての才覚を発揮されているのだ。

   打ち合わせの最後に、コシノヒロコさんがおっしゃった一言が全てを物語っている。

   「結局、ワタシ、今でもお裁縫できないのよ」

踊るオサムン
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中