深夜テレビ探検隊

ちょっとエッチな番組紹介にも注目!?(ナイナイサイズ!)

2007/5/19 10:26
印刷

   現在空前のお笑いブームであるが、最近、お笑い芸人がおしゃれなセットでトークを繰り広げている番組が数多く生まれてきた。その先駆け的存在の番組が、土曜の深夜(日テレ系)に放映されている「ナイナイサイズ!」である。

   ナインティナインティといえば、「めちゃ×2イケてるっ!」に代表されるように、コテコテのバラエティ芸人の印象を持っている人が多いが、この「ナイナイサイズ!」は、そういったお笑い一辺倒のバラエティ番組とは一線を画した、女性をターゲットとした「おしゃれ系情報バラエティ」という特徴を持つ番組である。

   番組には毎回ゲストが招かれる。前半はナイナイとの対談形式のトーク。後半はナイナイの岡村・矢部のいずれか一人(毎週交代制)がロケに行き、岡村が地方の名物を修学旅行風に紹介したり(岡村 大人の修学旅行)、矢部が視聴者同士の愛のキューピット(恋の矢部会)になったりと、さまざまな企画にチャレンジしている。

   放送開始以降、同時間枠では最高視聴率をマークするようになるほどの人気番組であり、年末年始以外は改編期でも滅多に休止がない番組である。

   また、その週の「ナイナイサイズ!」の番組内容を紹介する新聞の番組欄(ラテ欄)には「パスタゴチ キモかわいい大泉洋と 初めてのアレ」といったように、ちょっとエッチな感じを含ませて、男性視聴者の取り込みを図っている。

   初期の頃は、ナイナイとゲストが交換日記をつけるコーナーがエンディングに放送されており、日記の配達役としてプロデューサが登場している時期もあった。

   現在では、「ワンセグサイズ!」といってセット内の装飾品に番号が付けられており、ワンセグ放送内でその番号をクリックすると、セット内の商品の詳細情報が見られる、というように常に画期的な試みを行っている番組でもある。

   しかしながら、「ナイナイサイズ!」の一番の魅力は、他の番組では絡まないような意外なゲストとナイナイとのスタジオトークである。吉本の芸人仲間からモデルや石原都知事などなど、毎回多彩なゲストが登場してくるが、どんなゲストとも笑いを交えて、土曜の深夜に相応しいまったり感を演出する、ナインティナインのトーク力に注目してもらいたい。

   ※ナイナイサイズ!(日本テレビ・土曜日23時30分)

リアルぷーさん
印刷
週末は海、平日は座って通勤 憧れの暮らしは案外簡単に手に入る

    平日は東京駅まで座って通勤。中古なら400万円台で家が買える。都心でマンションを買うより、もしかす... 続きを読む

PR 2014/12/18

同じ「時期」に、同じ「店」で、同じ「スーツ」買ったのに、なぜ?

    買い物でこれだけ差がでるとは驚きだ。たとえば、スーツや靴がセール価格からさらに... 続きを読む

PR 2014/12/17

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

宿泊券、ブランド時計当たる豪華「福袋」プレゼントも実施

TBM冬セール

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

その見た目からは想像できない、ガツンとくる衝撃の辛さと、野菜の甘み・・・

ザス・インターナショナル
おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
創刊のご挨拶
J-CAST ニュースについて
お問い合わせ