三原じゅん子が「公開整形」したワケ

印刷

   女優が美容整形を行うことはめずらしくもないだろうが、自ら告白して手術の現場を見せる例はあまり知らない。それを実践した三原じゅん子(43)のケースを紹介した。

同じ施術を……

   どうやら、お笑いタレントと心ならずも離婚したことが整形手術に踏み切らせる契機となったらしい。

   三原は「美しくなりたい。女性というところを捨てずに生きて行きたい」と、決断したわけを話す。施術はことし(2008年)の1月。レーザーによるリフトアップ、シミとり、目じりのシワ対策のボトックス注射など、30分の手術で、要した費用は11万5000円とのこと。案外、安い。「整形とは思っていない。エステ感覚」(三原)と言うようにお手軽なのかもしれない。並べられた術前、術後の写真を見ると、肌がなめらかになり、顔全体がスッキリして若返った感じではある。

   赤江珠緒が、「南(美希子)さんも以前、同じ施術を体験なさったそうですね」と水を向けると、南は、「家庭画報」の取材で受けたとことわった上で、「メスを入れると元に戻らないけど、ボトックスは3~5か月で吸収されて元に戻るんです」と語る。元の黙阿弥ではどうしようもない気もするが…。比較的、お安い理由はよくわかった。やはり、美しさを保つにはお金がかかるのである。

   さらに、南は、「プチ整形は、よほどお医者さんを選ばないと、余計なオプションまでついて、自分が考えているものと違ったりするので気をつけたほうがいい」と怖いことをおっしゃった。

   とりあえず希望がかなった三原は、「もっと早くすればよかった。穏やかに今のまま生きられたら幸せ」と言うが、数か月後は果たして!?

   途中、4月1日に開くというライブの稽古風景まで披露したが、まさか、これってスパモニがPRに手を貸したの!? 

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中