嫌いな人も大歓迎!世界初「パクチー専門店」

印刷

   突然ですが、パクチーは好きですか? 別名「コリアンダー」「香菜」とも呼ばれるセリ科の香草。噛んだ瞬間、口いっぱいにひろがるあの独特の味と香りを、たまらなく好きな人もいれば、はたまた苦手な人もいるはず。今回「おかわり」するのは、そんな好き嫌いがはっきりと分かれるパクチーの世界初の専門店なんです。リポーターは英玲奈とおおつか麗衣。

メインもデザートもみなパクチー!

パクチーハウス東京のサイト
パクチーハウス東京のサイト

   場所は経堂(東京・世田谷区)にある、その名も「パクチーハウス東京」。白を基調とした明るい店内にリポーターの二人が入っていくと、ありました! 山盛りのパクチー。青々としたパクチーからは、テレビ画面越しにもあの独特の香りが漂ってきそうなほど。こちらで使用されているパクチーは千葉県の農園で育てられた国内産。えぐみが少なく、苦手な人にも食べやすいと評判なんだそうです。

   30種類もあるというパクチー料理の中で、今回紹介されたのは、羊の肉とパクチーを合わせた「ヤンパク(935円)」。パクチーをこれでもかっ!とお皿に敷き詰め、そこにパクチーと塩を合わせた"パク塩"で味付けした羊のバラ肉をのせて完成です。くせの強い羊とパクチーの香り。そのコンビネーションはいかに……

   英玲奈「(味が)ぶつかってないね。最初はパクチーの苦みが結構来るんですけど、食べていくうちにその苦みをラムが消していくんですよね。なんでこれが、お互い邪魔をしないのか謎です!」

   と驚きながらも、その独特の味にハマっている様子。

   さらに食後のデザートも、もちろんパクチー! その名も「自家製パク塩アイス 甘パクソース(420円)」。毎日手作りされるパク塩アイスは、リポーターの二人が「おいしい! でもなんで?」と不思議がるほど、塩加減と甘さ加減が絶妙のデザートです。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中