デヴィ夫人 カイヤの浮気をバラす!?

印刷

   飯島愛とバラエティ番組で共演する機会が多かったというデヴィ夫人。その飯島愛が、2008年12月24日に自室で死んでいるのが見つかったことについて、「何でもっと側にいて、話し相手になってあげられなかったのだろうか?」という後悔を12月25日のブログで綴っているが、その中でタレントのカイヤの浮気をバラしてしまった。

   番組の撮影で台湾・台北に滞在していた時のことだ。夫で俳優の川崎麻世との関係で落ち込んでいるカイヤに、デヴィ夫人と飯島は、

「あなたも浮気して吹き飛ばしてみたら?!」

と持ちかけた。

   カイヤは以前、テレビ番組で夫と別居していることを明かしていた。日頃のうっぷんを晴らすためだったのだろうか、結局、カイヤはホテルのバーで外国人と消えて行き、翌朝、「昨日のお化粧のまま、マスカラでよじれた睫をして撮影開始すれすれに戻ってきた」と明かしている。そんなカイヤを見て、デヴィ夫人と飯島は手を叩いて大笑い。「愛ちゃんも、私も、カイヤのこの秘密は守った」としているが、結局バラしてしまっている。

   一方、飯島の死について、「誰にも相談出来ず、悩みを救ってくれる人もいなく、1人苦しみ、悩んでいたのでしょう。どんなに辛かったかと思うと、涙が出ます。彼女を抱きしめてあげたかった」などと、後悔の念を綴っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中