オール巨人、恒例の「M-1」寸評 「今年は書きません」

印刷

   漫才コンビ、オール阪神・巨人のオール巨人が12月27日(2010年)のブログで、漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」に触れている。

   大会審査員を3度つとめているオール巨人だが、今年は自宅にあるテレビの前に陣取っていた。「今回は審査員の目で見て無かったし楽しみながら見てたので…寸評等は書きません」と言って、自身のブログで公開する毎年恒例の「寸評」は封印。

   審査員席に座っているからこそ、審査に集中できるもの。「急に今田君に『テレビの前の巨人さん一言コメントを』って言われたら全くコメント出来なかったと思います」とおどけてみせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中