民主も自民も原子力規制庁大急ぎ―「大飯原発」真夏までに再稼働?

印刷

   原子力規制庁の設置関連法案審議が始まった。規制庁は原子力の安全規制を一元的に担う機関で、4月(2012年)には発足するはずだったが、野党の抵抗でこの時期までずれ込んだ。野田首相は「国民の不安に応えるため、1日も早く新たな組織の下で規制、防災体制を整えることが急務だ」と答弁して、野党に協力を要請した。

与野党案の違いは「迅速性か独立性か」

   規制庁については政府案と野党案で違いがある。井上貴博アナウンサーによると、「政府案は規制庁を環境省の外局とする政府の関与の強い組織です。一方、野党案は政府から独立した原子力規制委員会を新設し、規制庁はその事務局としています」という。コメンテーターの片山善博(前総務相)は、「しかし大きな違いはありません。ただ、どんな人がトップに就くかで、その性格が変わってきます」説明する。

重要なのは顔ぶれ

   若狭勝(元東京地検特捜部副部長・弁護士)も「政府案は迅速性、野党案は独立性に重点を置いている。重要なのは規制委員会の委員にどんな人がなるのか。その顔ぶれで中身が問われる」と話す。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中