酒井法子を直撃!「なんで旦那と何度も覚醒剤打っちゃったの?」

印刷

   覚せい剤使用で有罪になったタレントの酒井法子(41)が、3年の執行猶予が終わって芸能界に復帰した。「碧空の狂詩曲~お市の方外伝」 は織田信長の妹・お市の役だ。その稽古場をきのう3日(2012年12月)にキャスターのテリー伊藤が訪ねた。

「疲れが取れちゃったりとかがあると、次に手を出してしまった」

   先月24日の復帰会見を「スッキリ!!」も長々と伝えた。

評価はいかに

   テリー「1時間10分も記者会見、がんばったなぁ。『スッキリ!!」』見た?」酒井「録画はしてあるんですけど、意外と小心で見てないんです」

   会見では「どうして覚せい剤をやったか」と問われたが、ことばを濁していた。「甘い考えでバカだったとしかいえません」としか答えていない。テリーはここから聞き始めた。「正直いって、なんでやっちゃったの」と話を向けたが、酒井はやはり「認識が甘かったし、責任感がなさ過ぎたというか」としか言わない。

   テリー「普通なら、旦那がやってたら『やめなさいよ』という」

   酒井「何もかもおかしいです。私って」

   テリー「のりピーも一緒になってやるというのは何だったの」

   酒井「わからないままにそうなっってしまったんです。何だったんだろうと思う」

   テリー「旦那さんがやってて、やってみないかといわれて、そんな感じだったの」

   酒井「そうです」

   テリー「1回目があって、2回目、3回目といくのは何なの」

   酒井「うーん、うーん。(長い沈黙)疲れが取れちゃったりとかがあると、次に手を出してしまったりとか」

   テリー「オレも朝『スッキリ!!』やってるから疲れるよ(笑い)。夫婦が普通のとき、『私たちっておかしくはないの』とかニュートラルな会話ってないの」

   酒井「ありました。罪の意識は持ってましたし、自分たちを離そうという話もありました。それがマヒしてしまった」

   テリー 「手に入れるのは?『あんた買ってきてよ』とか」

   酒井「お買い物じゃない」(笑い)

   テリー「お酒だったら買い置くとか」

   酒井「同じようなものじゃないですか」

「心の支えは子ども。『ママもうだめだよ』って声をかけられた」

   テリー「お子さんもいますよね。小学生だってわかるでしょ」

   酒井「普通に一緒に生活してました」

   テリー「『ちょっとあっちへいってなさい』とか?」

   酒井「事件のことを根掘り葉掘り、なんで言わなきゃいけないのかなって思うんです。それが私の仕事であり使命でありますが、私一人のことならいいけど。話せる範囲で話さなきゃいけないとは思うんですけど。言わなきゃいけないんですか」

   テリー「同じような境遇の人たちにわかるんじゃない? のりピーが覚せい剤を卒業して立派に生きていることが参考になる」

   酒井「参考になるかわかりませんけど、自分ではバカだったなということと、気づいた時は遅いということ」

   テリー「逃走したのはなぜなのかなあ」

   酒井「頭が真っ白になっちゃって」

   テリー「心の支えはあったでしょう」

   酒井「子どもだった。『ママもうだめだよ』って声をかけられた。謝りました。抱き合って泣きました」

   テリー「人間としても女優さんとしても、ひとまわり大きくなったと思う」

   酒井「そうですか」

   「こんな歌を歌えるのりピーがすごくいい。ちょっと歌おうか」とテリーが言い、2人で歌い始めた、「あとどれくらい…」と「碧いうさぎ」だ。「切なくなれば あなたの声が聴こえるかしら」と一人でアカペラで歌った。

   インタビューは20分くらいだったという。テリーは「一緒にいるとすごい存在感がある。これからは悪役もできる女優になる可能性がある」と語る。

   司会の加藤浩次「3年間が今後の仕事になる。その評価がどうなるのか」

   テリー「役者やっていくんなら、アイドルじゃない存在感のある女優になってほしい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中