平幹二朗カッコつけ男が涙で晒した「極貧過去」被爆で苦しみながら働き続けた母への感傷
<ファミリーヒストリー 平岳大>(NHK総合)

印刷

   近頃出まくっている平岳大を見て、恐らく役者を目指す一般人の子弟は、じとーっと嫉妬にかられるだろう。離婚した両親は平幹二朗と佐久間良子、しかも本人は18歳からアメリカに留学させてもらい、エリートビジネスマンになっていたのに、30歳近くなってから突然役者になった。その後は次々にいい役が舞い込んでくる。
   断絶していた父の平幹の稽古を見て感動したからだそうだが、それにしても、ビッグな親という保険があったればこその転身に違いない。今度はこんな番組で局が父側のルーツを辿ってくれるという。「いい気なもんだ、勝手にやれば」と見始めたのだが、内容はなかなか重かった。平幹の祖父は広島の農家の長男で、17歳でハワイ、カナダと渡った貧乏な移民であった。大正昭和と差別の中で苦労した。当時の日本人は囚人のように番号で呼ばれていたそうだ。
   娘の久代(平幹の母)は14歳で母を亡くし、1人で帰国する。その後従兄の文雄と結婚して昭和8年に平幹を産むが、チフスで夫は死亡。以後、母子2人の苦難の生活が続く。久代は爆心地から600mという至近で奇跡的に助かり、後遺症に苦しみながら80歳まで生きた。上京後も平幹のためにひたすら働いた母。「泣かないつもりだったのに」とあの濃い顔で平幹が泣く。現在がエライ有名人は、極貧の過去を隠したがるものだが、ここまでさらけ出されてカッコつけ男の平が何で取材をOKしたのか不思議だ。晩年の感傷なのか。(放送2013年2月18日22時~)

(黄蘭)

採点:0.5
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中