日米韓首脳会談に嫌がらせ!北朝鮮、時刻合わせて日本海向けミサイル発射

印刷

   北朝鮮はきょう26日(2014年3月)未明、ミサイル数発を日本海へ向けて発射した。中距離弾道弾「ノドン」と見られる。同じ時刻にオランダ・ハーグで日米韓の首脳会談が行われていた。会談の主要テーマが北朝鮮問題で、ミサイル発射はこれをけん制したつもりらしい。

   午前2時30分ごろ、北朝鮮の西岸から日本海へ向けて発射されたミサイルは、ノドンならば射程は1300キロで日本の西半分に到達可能だが、今回の飛行距離は600キロ程度だったとみられる。

安倍首相の韓国語あいさつを朴槿恵大統領シカト

   司会の小倉智昭は「嫌がらせでしょ。2月の米韓合同演習のときはロケット砲やミサイル、3月3日にはスカッド・ミサイル。今回はより射程の長いノドン。嫌~な雰囲気」という。

会釈ぐらいしたら!

   この時、ハーグでは異様な光景が見られた。アメリカのオバマ大統領をはさんで、安倍首相と韓国の朴槿恵大統領が並び会談に臨んだ。冒頭、安倍首相は日本語で「朴槿恵大統領にお目にかかれてうれしい」と言ったあと、韓国語で「朴槿恵大統領、お会いできて嬉しく思います」とあいさつしたのだが、朴はまったく無表情だった。

   なにしろ、日韓両首脳はともに昨年初めに就任しながら、顔を合わせたのはこれが初めてという異例の事態にある。朴が就任早々、従軍慰安婦などで「加害者と被害者の立場は1000年の歴史が流れても変わらない」と強硬な発言をしてすっかりおかしくなった。朴は昨年5月の米韓首脳会談でも、歴史認識で日本を非難。他国の首脳にも同様のアプローチを続けて「告げ口外交」ともいわれたところへ、安倍首相の靖国参拝があって、両国関係はますますおかしくなっている。

「日韓関係何とかしろよ」オバマ大統領のセッティングも空振り?

   この日の会談は、オバマが核安保サミットの機会をとらえて、日韓の関係改善をいわば後押ししたようなものだったが、話し合いは北朝鮮問題が中心で、歴史認識などは出なかったという。詳細はまだ伝わっていない。

   小倉「韓国語で日本の総理が話しかけてきたら会釈しますよね」

   朴の両耳にはイヤホンがあった。おそらく韓国語の通訳を聞いていたはず。安倍の声が聞こえなかったかもしれない。

   笠井信輔キャスターは「朴大統領は過労による体調不良のため前日の晩餐会を休んでいて、そのためとみることもできる」と解説したが、朴はドイツ紙とのインタビューでも従軍慰安婦問題で日本政府の「誠意ある措置」を訴えていた。これでは、日米韓の話し合いの行方にも暗雲だ。そこへ飛んだ北のミサイルは効果があったのかどうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中