日テレ「ぶらり途中下車の旅」藤村俊二ナレーション降板!体調不良・・・3代目は小日向文世

印刷

   日本テレビ系の旅番組「ぶらり途中下車の旅」(土曜あさ9時25分)のナレーションを担当している俳優の藤村俊二(81)が降板することになった。秋に体調を崩し入退院を繰り返し、現在も入院中だ。10月24日(2015年)の放送から番組の常連旅人の太川陽介がピンチヒッターをつとめている。来年1月9日の放送からは俳優の小日向文世が担当となる。

   「ぶらり途中下車の旅」は1992年にスタートし、初代ナレーションの滝口順平の名調子が評判となった。その後を藤村が引き継ぎ、ゆったりとした語り口がのんびりとした土曜日の朝に似合っていた。3代目の小日向も「きょうはどこ行くんですか?」の決り文句を受け継ぐのだろうか。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中