下町ロケットきょう最終回!主人公の娘・土屋太鳳「一緒に夢を追いかけていただけたら」

印刷

   テレビドラマ「下町ロケット」(TBS系)が12月20日(2015年)、最終回を迎える。主人公・佃航平の娘、佃利菜を演じている土屋太鳳(20)がブログで告知をしている。

「『原作の世界にいるけれど、ストーリーにも存在しているけれど、直接は関わらないように見えて、でも実は関わっている』という今までの役にはない難しさがありました」

と振り返る土屋。迷うことも多かったが、監督やスタッフ、出演者の思いが、その迷いを吹き飛ばしてくれたという。

   撮影現場は、作品の舞台である「佃製作所」の空気そのもので、「眠くても疲れてもいいものをつくるために、前に進む。まさに『下町ロケット品質』だと思いました」。そしてファンに向けて、

「たくさんの人たちの夢を乗せた『下町ロケット』のゆくえを どうか最後まで見守って応援して、そして一緒に夢を追いかけていただけたら とても嬉しいです」

と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中