ジョージ・クルーニー夫妻の「難民支援」不評!その豪華ドレスで10組のシリア人家族救えるよ

印刷

   俳優のジョージ・クルーニーは主演作のコーエン兄弟監督作品「Hail,Caesar!」がベルリン映画祭でプレミアム上映され、メルケル首相とも歓談した。その席でクルーニーと人権分野の弁護を専門とする妻のアマルは、難民受け入れを決断したメルケル首相を強く支持し、支援を表明した。

「自分の財布は痛まないし、難民のせいで仕事を失うなんてこともない」

   ところが、これがすこぶる評判が悪いのだ。そのときのアマルの豪華ドレスや推定約3000ドルのショルダーバッグなどについて、mail onlineに「その悪趣味なドレスの代金だけで、10組のシリア人一家が年単位で食べていける。メルケルもこんなセレブ連中に時間を費やすなんてどうかしてる」「お金があって有名ってだけで、偉そうに難民問題に口を出すの?自分の財布は痛まないし、難民のせいで仕事を失うなんてこともない。クルーニーはどれだけのお金をドイツに支援してくれるというのか」などのコメントが寄せられた。

   ベルリン映画祭では、ドイツメディアから「あなたにどうやって難民を助けられるのか」と問われたクルーニーは、「私は多くの時間を割いて、この問題に対処している。危険な場所にも行っている」などとキレ気味に答える一幕もあったらしい。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中