清原和博きょう保釈申請!身元引受人はアントニオ猪木?保釈金500万円

印刷

   元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)はきのう15日(2016年3月)に覚せい剤使用で追起訴され、弁護人はきょう16日にも保釈申請する。身元引受人に複数の名があがっている。

   最福寺の池口恵観法主は清原が17年前に訪ねて以来、「いまでも弟子」という。ただ、「保釈できるようにしてあげたいが、(自分が)定住していないから責任を持ってあげられない」と語っている。

5月17日に初公判

   薬物依存者を支援している「館山ダルク」の十枝晃太郎代表は、拘留中の清原に手紙を出し身元引受人になると申し入れた。「体のケアをまずやってもらいたい。元の場所に戻るのは危険」と、医療機関か支援施設に入るのが良いと話す。清原からの返事はきのうまでないが、アプローチを続けるそうだ。

ハードル高い

   ほかにも、アントニオ猪木らの名も浮上しているが、けさ16日付のスポーツニッポンによると、清原から身元引受人の依頼を受けた人はまだいない。酒井法子やASKAは親族や妻が身元引受人になった。しかし、清原は離婚し、母は認知症、父には病気がある。

   司会の羽鳥慎一「ハードルは高いですね」

   保釈金も必要だ。コメンテーターの菅野朋子弁護士は「普通の人でも最低150万円から200万円で、清原なら500万円前後でしょうか」と見る。薬物犯罪の場合は再犯の恐れが強いため、保釈が認められない可能性もあるという。

   清原の初公判は5月17日だ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中