サッカーTVゲーム「ウイイレ」やろうよ!コナミ動画に30代、40代感涙

印刷

   かつてテレビゲームに熱中した「アラサー、アラフォー」世代に向けたコナミのWEB限定のキャンペーン動画「#ウイイレまたやろーぜ」がYouTube(ユーチューブ)などで好評を博している。「ウイイレ」とは、人気サッカーゲームシリーズの「ウイニングイレブン」(最新作は「ウイニングイレブン2016」)シリーズのことだ。

かつての大ヒットもいまやFIFAに押され気味

   動画はこんな内容である。疲れ切った様子のサラリーマン風男性がタクシーに乗って居眠りしているうちに、大学時代の友人のアパートにタイムスリップする。そこには昔の友人が勢揃いしていて、プレイステーション1の「ワールドサッカー実況ウイニングイレブン4」(1999年発売)をみなでわいわいとプレイする。

   「自分がピンチになるとポーズボタンを押す」など「ウイイレあるある」の小ネタや、「アルゼンチンといえばバティストゥータ」「(ロベルト・バッジォは)オレぐらいしか使えないからな」といった会話も盛り込まれている。

   動画の視聴者からは「ウイイレ最高!」「涙出そうになった」「懐かしい」と言った感想が聞こえてくる。かつては世界でもっとも売れているサッカーゲームとされたウイイレだが、今では売り上げ、クオリティともにFIFAの後塵を拝しているという声も多い。アラサー、アラフォーのゲーム熱を呼び起こして、かつての人気を取り戻せるか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中