オグシオ潮田玲子「(カジノ出入り)2選手の考えの甘さ。本当にショックすぎて言葉にならない」

印刷

   元バドミントン選手の潮田玲子は4月7日(2016年)18時頃にブログを更新し、男子バドミントンの桃田賢斗、田児賢一選手が違法のカジノ店に出入りしていた問題について、自身の見解を示した。

   今夏のリオデジャネイロオリンピックの日本代表である桃田は、7日発表の世界ランキングで2位となり、日本男子初のメダル獲得を期待されていた。それだけに潮田も衝撃を隠しきれない様子で、「本当にショックすぎて言葉にならないというのが素直な感想です...」と語った。「少なからず2選手の考えの甘さや代表としての責任の無さが招いた事態で、決してあってはならない事、そして何よりも憤りを感じます」。代表選手としての自覚や責任を見直し、スポーツマンシップをジュニア世代に教育していくことが大切だと述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中