小林よしのり「わしはもうヲタではなく一般ファンである。まゆゆが卒業したら一般ファンすら卒業するかも」

印刷

   AKB48グループのファンで知られる漫画家の小林よしのりは5月1日(2016年)、「わしはもうヲタではない」とブログで宣言した。前日の夜に見たNHK「AKB48 SHOW」の感想を語り、「わしがまたヲタになってると勘違いされそうだが、一般ファンとして見ているにすぎない」と言う。ただ、既に知識の蓄積があるために「インタビューが来ても応えられてしまうし、たまたまグループがテレビに映ったら目を凝らして観察してしまうし、さらにまずいことに、NGTなど新しいグループの中の逸材が目に飛び込んで来てしまう」。

   だが、「CDを膨大に買ってしまうような馬鹿はもうやめた」ため、「わしはもうヲタではない。嵌り過ぎの自分の馬鹿が客観的に見えるようになったから、今は一般ファンである」ときっぱり。それでも「推しメン」の渡辺麻友だけは特別のようで、「まゆゆが卒業したら、さすがにわしも一般ファンすら卒業するかもしれない」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中