バレーボール「リオ五輪」最終予選!史上最強でイケメン石川裕希に熱い視線

印刷

   リオデジャネイロ五輪の出場をかけたバレーボール世界最終予選があさって14日(2016年5月)に開幕する。「龍神NIPPON」はキャプテンの清水邦広選手、絶対的司令塔の深津英臣選手に加え、時代を担う4人の「NEXT4」が注目だ。なかでも、日本のバレー史上最高の逸材と称されるのが石川裕希選手20歳だ。

3位以内に入るか、アジア1位

   石川は昨年(2015年)のワールドカップで、世界トップ6に選出にされた実力もさることながら、女性誌では「国宝イケメンアスリート」で第2位にランクインされるなど、甘いマスクで女性ファンをメロメロにしている。

強いチームいる

   予選には8か国が出場し、日本が五輪キップを得るには、上位3位以内に入るか、アジアから出場する4か国中1位になることが必要となる。

   司会の小倉智昭「結構強いチームもいるし、石川はたしかにいいですけど、石川1人で勝てるってもんでもないからね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中