都議会議員アンケート「舛添知事は辞任すべき」たった22人!ウヤムヤで済ます都議たち

印刷

   舛添要一都知事は事務所を東京・世田谷区の自宅に置き、政治資金から妻が代表を務めるファミリー企業に毎月44万円の家賃を振り込ませていた。2012年からの3年間で少なくとも1600万円にのぼる。地元の不動産業者によると、家賃は20万円ぐらいが妥当という。

   昨年(2015年)12月に日光の温泉旅館に宿泊した代金8万円を政治資金から支出していたことも明らかになっており、舛添知事はきのう18日(2016年5月)の会見で釈明する。

知事選で推薦した自民・公明の責任は?

   藤森祥平アナ「『あさチャン!』では都議会の123人の議員全員にアンケート調査を行いました」

   120人から回答(自民、公明党は一括回答)があった。舛添知事が説明責任を果たしたと思うかという質問には、「思う」と答えた都議はゼロで、「思わない」は41人、「その他」が79人だった。「知事は辞職すべきと思うか」という質問には「思う」が22人、「思わない」12人、「その他」86人だった。「辞職要求をするか」には、「はい」18人、「いいえ」10人、「その他」92人だった。

   竹内薫(サイエンス作家)「知事選のときに、自民党と公明党は舛添知事を支援した経過があります。疑惑をしっかり解明するべきです」

文   あっちゃん
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中