「相棒season15」反町隆史が続投!警視庁転籍で階級は右京さんと同じ警部?

印刷

   10月スタートのテレビ朝日系「相棒 season15」で、杉下右京さんの相棒を反町隆史が引き続き演じることになった。反町の冠城亘は4代目相棒として昨年(2015年)から登場し、警察官ではなく、法務省から警視庁に出向したキャリア官僚という役どころだ。頭は切れるし、中央官庁に人脈も豊富だが、コミカルな三枚目という設定である。

   昨年のseason14の最終回では、法務省を事実上クビになり、警視庁の職員と身分が変った。すでに経験を積んだキャリア官僚だから、警察官としての階級は警部になるはずで、右京さんと対等だ。このあたりの微妙な関係はどうなるのか。楽しみが増えた。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中