声優 神谷明「『足早に歩いていたから』警察官に尋問された。失礼な態度に腹の虫収まらない」

印刷

   アニメ「名探偵コナン」で探偵・毛利小五郎役を務めた声優の神谷明(69)は5月25日(2016年)、「警視庁の警察官から不審尋問を受けた」とブログに書いた。「足早に歩いていた」だけなのにと怒っている。

   「普段から足早だし、約束のお見舞い時間に遅れていて、そのお詫びの電話中にだ・・・。名乗っても意に介してもらえず、ポケットから小さなバッグまで検査された。職務とはいえ、理由が曖昧すぎる」と話す。

   その約5時間後には、「今日は良い勉強をさせていただきました」と投稿した。

   「これから、自分の演技の参考にしたいと思います。1人の方の目は怖かったですね。その目からは、感情のかけらも読み取ることが出来ませんでした。役者の私に見抜けない無感情な目の演技・・・賞賛に値します。でも、実は見抜いていたりして・・・(役者を舐めるなよ)」

   それでも怒りは収まらず、5時間後に

   「ボクが悔しくて悲しかったのは、警察官達の問答無用の対応でした。怪しい(感じであろうとなんであろうと)と思えば、相手の言うことなど聞く耳を持たないという態度です」

   職務に忠実だとはいえ、判断の誤りを認識せず振りかざせば、それは暴力だと語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中