エストニア三つ子姉妹そろってリオ五輪マラソン出場!雑誌表紙飾る美人たち

印刷

   エストニアの三つ子(30)の世界初の快挙が話題になっている。長女レイラ、次女リーナ、三女リリーの3姉妹が、そろってリオ五輪の女子マラソンに出場を決めたのだ。もちろん、三つ子がオリンピックに出場するのは初めて。

   姉妹は大学卒業後に同じ会社に入り、6年前にマラソンをはじめ、1年後の国内大会で全員が入賞したという。エストニア国内で人気になり、美人三つ子としてファッション誌の表紙を飾ったりもしている。

タイムは二の次?日本記録より15分オーバー

   揃ってリオ出場で世界中から取材が殺到していて、マネジャーは「そっとしておいてほしい。注目しないでほしいと、ちょっと無理なことを言っておりました」(木下康太郎アナウンサー)。

tv_20160531115302.jpg

   リオ五輪では日本選手との戦いも注目されそうだが、彼女たちのベストタイムは日本記録と比べて15分ぐらい遅いという。

   司会の小倉智昭「あ、勝負になんない。全然、勝負になんない」「前半、日本勢についていったら、後半潰れるのがわかってますからね、マイペースで走られたほうがいいんじゃないですか」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中