布袋寅泰「氷室京介のラストライブ。貴方の隣でビートを刻めたのはギタリストとして誇らしい」

印刷

   ミュージシャンの布袋寅泰(54)は、ロックバンド「BOOWY」で一緒に活動していた氷室京介(55)のラストライブ「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」を最終日の5月23日に見に行った。6月1日(2016年)、ブログで明かした。

   氷室は耳の不調を理由にライブ活動の無期限休止を発表している。それでも35曲を歌い切った氷室に対し、「最後まで貫かれたストイックな美学に心震え、感動しました」と言葉をかけた。「ステージで歌う姿をもう観れないのはとても寂しいけれど、コンディションの回復を祈ると共に、これからの創作活動を楽しみにしています」と期待を込める。最後は元同志らしく、感謝の思いを伝えた。

   「貴方と出会い、貴方の隣でビートを刻み、歌い、踊り、笑顔を交わせたことは、ギタリストとして最大の喜びであり誇りです。心からの感謝と最大のリスペクトを込めて。ありがとう。そしてお疲れ様でした」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中