小池一夫、麻雀店の入店を拒否されかける 「その筋の方はお断りします」

印刷

   「子連れ狼」などの作品で知られる漫画原作者の小池一夫(80)が6月4日(2016年)、他人に暴力団関係者と間違われたエピソードをツイッターで明かしている。

   東京・麻布十番の麻雀店を訪れた時のことだ。スーツを着ていたためか、店員に「その筋の方はお断りします」と入店を拒否されかけたらしい。日時やその後の展開には触れていない。当時の服装と同じかどうかは不明だが、白いワイシャツと黒いスーツを着た本人の写真も添付されている。

   ツイートには「風格とオーラがありすぎます」「どう見ても会長クラスのドン」といったファンの声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中