大橋巨泉「週刊現代」コラム最終回「安倍晋三に一泡吹かせたい。野党に投票を」

印刷

   毒舌とウイットでならしたマルチタレントの大橋巨泉(82)がいま集中治療室に入っている。20年以上続けてきた週刊現代のコラムを7月9日号で最終回とし、最後の『遺言』は「野党に投票してください」だった。

   コラム「今週の遺言」最終回は、「何時まで生きられるかわからない。休載のお詫びとこれまでのお礼、そしてボクの病状を記します」というリードで、「ボクは今ベッドの上で、女房の寿々子と弟の哲也と3人で、この原稿を作っている」と書いている。

   「3月20日を過ぎる頃から体力の落ち込みが激しく、原稿を書く気力が失せて休載を余儀なくされた」「弟の車で家を出たのだが、突然ボクの意識は飛んだ」「途中の病院に緊急入院の形で担ぎ込まれたという。たった5日で意識も薄れ、歩行もままならぬ体になったのだから恐ろしい事だ」「たまに車椅子で外に出れば、直ぐに高熱を出す始末」

   入院時の体重は45キロ前後。「『ゴルフができない、ワインも飲めない、原稿も書けないのなら生きていても意味がない』と言ったら、弟に『今の日本の法律では安楽死は認められていない』と言われた。嗚呼!」

「彼は恐ろしい野望を抱き、選挙民をナメている」

   司会の夏目三久が「どうご覧になりますか」

巨泉さんらしい

   龍崎孝(流通経済大教授)「このコラムの最後に、今の政治状況についてお書きになっています。その内容については読んでいただくしかないんですけれども、ギリギリの状況になっても批判の目を失わずに、さらに発信を続けていられる。われわれも学んでいかないと」と言ったが、肝心の内容には触れなかった。夏目は「巨泉さんらしい結びになってます」といったが、これでは何のことかわからない。

   巨泉はこう言っている。「最後の遺言として一つだけは書いておきたい。安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。7月の参院選挙、野党に投票して下さい。最後のお願いです」

   ネットではすでに拡散しているのだが、テレビでは触れるわけにはいかなかったか。「読んでいただくしかない」とはね。

この10年間がんとの闘い。参院比例区で当選したが半年で辞職

   巨泉のがんとの戦いは2005年からだ。この年に胃がんの摘出手術。13年には中咽頭がんを摘出。14年にはリンパ節に転移し、今年2月に左の鼻腔への転移がわかった。3月に在宅治療になったが、痛み止めの薬が合わず、4月に再度入院している。

   巨泉は2001年、民主党から参院比例区で当選したが、党の方針とぶつかって半年で辞めた。しかし、政治への関心はなくならなかったようだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中