フィリピン暴言大統領来日!天皇陛下と面会大丈夫?TDRに何度も来ている親日家

印刷

   「オバマ大統領は地獄へ落ちろ」など数々の暴言から『フィリピンのトランプ』と呼ばれるロドリゴ・ドゥテルテ大統領が今月(2016年10月)25日に来日する。3日間の滞在中に安倍首相との首脳会談や天皇陛下との面会も予定されている。

   麻薬犯罪者3000人以上を司法手続きなしで殺害し、国際社会から非難を浴びている大統領だが、国内の支持率は一時91%と異様に高い。麻薬犯罪撲滅への期待からだが、それにしてもその手法、発言は過激を通り越している。

「麻薬犯罪者ども喜んで殺してやる」

「ヒトラーは300万人のユダヤ人を殺した。この国にはいま300万人の麻薬中毒患者がいる。俺がやつらを喜んで殺してやる」
不安ですが・・・

   フィリピン麻薬王の一人と言われる人物を恫喝する映像では「お前に警告する。お前を殺すと脅しているんだ。本気でお前を死刑にするぞ。証拠が見つかったらお前は終わりだ」 警察官が麻薬犯罪者を殺害すると報奨金が出るのだという。フィリピンの平均月収は3万円だが、報奨金は末端の密売人殺害が約10万円、その上の麻薬密売人は約600万円、麻薬組織の幹部は約1000万円という。一般市民による麻薬犯罪者の殺害も奨励しており、ドゥテルテ大統領になって殺し屋に変身したという主婦は「5人殺しました。初めてだったので怖くて緊張しました」と話す。おかげで麻薬犯罪者が次々に出頭し、捕まった約70万人で刑務所はすし詰め状態という。

   司会の夏目三久「陛下との面会を不安視する声もありますが、実は親日家の一面もあるそうですね」

   サイエンス作家の竹内薫「大統領就任直後に面会希望者が殺到したそうですが、最初に会ったのは日本の大使だったそうなんですよ」

   来日は初めてではなく、娘さんがディズニー大好きで、プライベートでは何度も日本を訪れているという。

文 モンブラン/似顔絵 池田マコト

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中