20年前「山一証券」破綻!スクープ「不正損失隠し」で始まった金融激震・・・元重役、元社員たちのいま

【アナザーストーリーズ 運命の分岐点 「山一破たん たった1つの記事から始まった」】  BSプレミアム 10月19日(水) 21:00 ~21:59

印刷
創業者の小池国三(写真はWikimedia Commonsより)
創業者の小池国三(写真はWikimedia Commonsより)

   1997年11月24日、四大証券の山一證券が自主廃業に追い込まれ、日本経済に激震が走った。負債総額3兆5000億円、グループ社員1万以上。巨大企業の経営破綻はその後の金融再建へとつながっていく。

   発端となったのは雑誌に掲載された1本の記事だった。不正な損失隠しの疑惑を報じたスクープだったが、筆者ですらその後の山一の転落劇は予想できなかったという。記事にはさまざまな反響が寄せられ、大蔵省の通告により破綻せざるを得ない状況に陥った。

   不正追及を報じた雑誌記者や会社の不正を止められなかった元重役、突如として路頭に迷った元社員らの数奇な運命の物語だ。

アナザーストーリーズ 運命の分岐点 「山一破たん たった1つの記事から始まった」

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中