「君の名は。」2度見、3度見でやっと面白さがわかる?なかなか難解な隠された謎

印刷

   公開中のアニメ映画「君の名は。」が興行収入154億円を記録し、邦画の150億円突破は「崖の上のポニョ」以来8年ぶりだ。ところが、司会の羽鳥慎一は「こんなに話題の映画なのに、ここの出演者のほとんどが見ていない。唯一、宇賀ちゃんだけが見ているんだよね」なんて言っている。

   宇賀なつみキャスター「そうなんですよ。これだけ話題になってるから行かなきゃと思って」「よくある青春映画かなと思ったのですが、じつは壮大なストーリーで。最後のたたみかける展開とか本当に引き込まれました。ただ、1回だけ見ると、けっこう謎が残るんですよ。だから2回、3回と見に行く人が多いんじゃないかと思います」

大人から子供まで盛り上がれる

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「これ、オタク向けのアニメではないわけ?」

tv_20161018123802.jpg

   宇賀「違いますね。大人から子供まで家族で見に行っても盛り上がれると思います」

   玉川「ちゃんと演技に抑制とかあるわけ?」

   宇賀「ありますね。映像もきれいですよ。音楽もいいですし」

似顔絵 池田マコト

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中