黒柳徹子 予測不能の言いたい放題!U字工事に「訛りきつくてなに言ってんだかわかんない」
<徹子×さまぁ~ずの爆笑芸賓館~イチオシ芸人GP2016~>(テレビ朝日系)

印刷

   黒柳徹子が芸能生活63年で初めてネタ番組の司会に挑戦した。よゐこ、ナイツ、サンドウィッチマン、アンガールズ、U字工事、三四郎、コロコロチキチキペッパーズ、ニッチェら、若手から中堅、ベテランまでの25組の芸を見て徹子が順位をつけていき、1位に輝いた芸人には「徹子の部屋」の出演権が与えられるというものだ。
   審査員は徹子1人なので、徹子の好き嫌いで勝敗が決まるところが面白い。4組ごとにジャッジタイムが入るのは、徹子が覚えていられないからか。実際、「なんだっけ?」を連発していた。徹子は芸人たちをほとんど知らないので、先入観なくジャッジできるところがいい。そのときに徹子にウケるかどうかがすべて。
   栃木弁でおなじみのU字工事のネタに、「訛りがきつくて、なに言ってるかわからない」と大笑いし、さっそく真似てみたり、ピン芸人のマツモトクラブに「あなたおひとりでマツモトクラブをやってらっしゃるの? さびしくないですか」と聞くなど、自由奔放、やりたい放題。徹子の予測不能な言動から目が離せない。
   にしても、テレビ朝日は番組を安く作るのが上手い。ご褒美が自局の「徹子の部屋」出演とは。このパターンで、マツコ・デラックスやビートたけしなど冠番組をもつタレントを審査員にして、ごほうびをを番組出演権にすればいくらでもできる。
   1位はバイきんぐだった。「ずっと徹子さんの部屋、行きたかったです」と大喜びだ。出演は12月1日に決定。(放送2016年11月20日20時58分~)

(白蘭)

採点:1.5
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中