2019年 8月 26日 (月)

IT業界初の日本経団連会長 御手洗・キヤノン社長

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   財界の総本山と言われている「日本経済団体連合会」の会長に御手洗冨士夫・キヤノン社長が06年5月の総会で選ばれる。経団連の会長は今まで鉄鋼、電力、重電機など重厚長大の産業から選ばれていた。今回の御手洗氏はデジタルカメラや精密機械を作っているIT(情報技術)産業から選ばれた。その上に御手洗氏は米国に23年いた経歴を持っている。こうした親米派の経済人が会長になるのは初めてのことである。

張トヨタ自動車副会長 推す声が強かった

日本経団連会長に就任予定の御手洗冨士夫・キヤノン社長
日本経団連会長に就任予定の御手洗冨士夫・キヤノン社長
 

   奥田碩・日本経団連会長(トヨタ自動車会長)は次の会長候補者に張富士夫・トヨタ自動車副会長、庄山悦彦・日立製作所社長、御手洗氏を考えていた。この中で奥田氏としては張氏が最適と考えていた。トヨタ-トヨタと続くが、張氏は豊田章一郎・日本経団連名誉会長が経団連の会長をしていた時に副社長として支えてきたことで経団連のことを良く知っている。人柄も温厚で敵も少ないことから外部からも推す声が多かった。ところが、豊田名誉会長が「トヨタ-トヨタと続くと財界から反発が出る心配がある。張氏を外して早くほかの人に決めるべきだ。遅れれば遅れるほど張氏になる可能性が出る」と奥田氏に忠告した。
   奥田氏は庄山氏に打診した。日立製作所は歴代副会長を出してきており、財界活動には理解もある。ところが庄山氏は業績が芳しくないことと会長になるには任が重いと言う理由で断ってきた。こうした中で御手洗氏が浮上し、就任することを奥田氏に伝えた。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中