2019年 1月 23日 (水)

超人気ブログ筆者「きっこ」とは何者だ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   芸能から耐震偽装問題、はてはライブドア事件まで、仰天トクダネを連発する、超人気ブログの筆者「きっこ」とはいったい何者なのか。あまりの正確さと細部の詳しさに、大手マスコミ関係者の中には「捜査関係者が個人的に書いているとしか考えられない」といった、うがった見方も出ている。

「きっこのブログ」にも取り上げられたホリエモン(写真: livedoor社長日記)
「きっこのブログ」にも取り上げられたホリエモン(写真: livedoor社長日記)

   ネット上ではヘアメイクを自称する「きっこ」の正体についてさまざまな憶測が飛び交っている。最初は2ちゃんねるから情報を得ている、という説も有力だった。独自に集めた裏情報を出し続けていくうち、ネット上で注目されるようになり、次第に「トクダネ」が寄せられるになったのではないか、という推測だ。要は、知り合いから聞いた話を集めている「ディープな事情通」ということだ。

しっかり記事としての基本も押さえている

   『「事情通」は酒場や薄暗い事務所で、時には「内緒だけどさ」という枕ことば付きの電話で、そうした話を関係者や記者らにささやく。あるいは、大声でしゃべる。「きっこのブログ」は、それをサイバー空間に放り出した。違いは、そこしかない。「事情通」からの話については、当たり前のことだが』 (ニュースの現場で考えること)
   仮に「彼女」が事情通だとしても、マスコミ関係者が背後にいる、と見ているサイトも多い。例えば、「ニュースなサイト」はこう分析している。
   『今まで、「ネットジャーナリズム」というのはマスコミの二次情報が主体になると考えられてきた。このようにアングラ的な情報がネット上で話題になってマスコミを引っ張るという「ネットジャーナリズム」もありえるのではないだろうか。この場合の記事提供者は「事情通」であったり「マスコミの記者」である可能性が高い。海外の事件の話題では「ロイターによると」と前置きして事件の概要を記述しているし、読み方が複数あるような名前は読みがなをふったり年齢を記述したりと、しっかり記事としての基本も押さえている』

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中