三菱東京UFJ銀 コンビニATMを無料化

印刷

三菱東京UFJ銀行は2006年11月20日、同行のキャッシュカードでコンビニATMを利用した場合の手数料(現在105円)を無料化すると発表した。実施は07年3月中で、セブン銀行イーネットローソン・エイティエム・ネットワークスが運営する、約2万2,000台のコンビニATMが対象。無料の時間帯は平日午前8時45分~午後6時とし、平日の夜間や土・日・祝日に210円を徴求していた時間外手数料も105円に引き下げる。コンビニATMの利用手数料をめぐっては、東京スター銀行などが無料ATM「ゼロバンク」を展開し、三菱東京UFJ銀などが異議をとなえていた。そのメガバンクが無料化に踏み切ったことで、追随する銀行が増えそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中