「2ちゃん」VS「夕刊フジ」 閉鎖騒動巡り全面対決

印刷

   「2ちゃんねる」閉鎖騒動は、「2ちゃんねる」VS「夕刊フジ」の激突という様相を呈してきた。2007年1月16日に管理人の西村博之さんが携帯電話専用サイトで独占インタビューに応じ「まだ閉鎖する気はないですー」と明言。今回の騒動には「新聞が売れるという狙いがある」と夕刊フジを批判した。「2ちゃんねる」にはこのインタビュー配信後、「ZAKZAK(夕刊フジのサイト)へのリンクを全面禁止」などというスレッドが立ち、「祭り」になっている。

「差し押さえになっても、問題はない」

夕刊フジの「追及キャンペーン」は続きそうだ
夕刊フジの「追及キャンペーン」は続きそうだ

   このインタビューは、ひろゆきさんが取締役になっているニワンゴが、07年1月16日に携帯電話専用サイトに掲載したもの。「2ちゃんねる」の閉鎖の噂について、

「おいらはまだ閉鎖する気はないですー」

と閉鎖を全面否定した。

   全財産の仮差し押さえ申し立てが2007年1月12日に東京地裁に出され、差し押さえの対象が「2ちゃんねる」のドメインにまで及んでいることについては、

「ドメインの差し押さえ自体もかなり難しいと思いますが、仮に差し押さえになっても、別のドメインを割り当てるので問題はないと思います。検索すればすぐに見つかるのでさして困る人はいないんじゃないかと思います」

と、万が一の場合でも数時間で違うドメインで再開可能であるとした。

   「じゃあ、どうして閉鎖騒ぎになっているんですか?」という質問に対しては、こんな回答をした。

「失踪してなくても『失踪』って記事を書く新聞が売れるわけで、『2ch閉鎖』って書くとまた、新聞が売れるということじゃないかと。狼少年の寓話を彷彿とさせますよね。よい子の皆さんは真似しないようにしましょー」

   これは夕刊フジが 06年9月22日付で報じた「2ちゃんねるの『ひろゆき』失踪…掲示板閉鎖も」という記事を指している。
   さらに、「全財産が差し押さえ」と夕刊フジが書いていることについて、

「差し押さえというのは債権の額までしか差し押さえできないです。全財産の差し押さえが不可能ってのは、法務部のある会社ならわかってるはずなんですけどねぇ、、」

と皮肉った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中