2019年 12月 15日 (日)

「市民ニュース廃止」 夕刊フジが誤報

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2007年1月30日発行の夕刊フジ(AB統合版)で、「ライブドア自前報道部門を廃止 不採算 『だれでも記者に』たった2年で」との見出しで報じた記事が誤報だった。夕刊フジはJ-CASTニュースの取材に、「書き足りない部分がありました。訂正記事、おわびを掲載することを検討しているところです」と答えた。同紙は30日発行のC版では掲載した記事を削除している。

   一方、「廃止」と書かれたPJニュースは31日、ライブドア・ニュースで配信した自らの記事で、「『夕刊フジ』がねつ造報道 PJニュース廃止と」と激しく反論した。それによると、「ライブドアの社員で構成する『ライブドア・ニュース』と、一般市民で構成するPJニュースを一緒くたにするなど、基本的な事実確認がまったくされていなかった」とし、PJニュースの小田光康編集長も「わたしのところへ、夕刊フジから取材に来たことはまったくない」としている。記事中に「関係者によると」などとあるが、真偽定かでないとした。PJニュースは内容を確認するため、30日午後8時ごろ、夕刊フジに記載されている産経新聞本社に電話したがつながらなかったという。

日テレNEWS24が夕刊フジの出所?

PJニュースは、夕刊フジの記事は「ねつ造」だと非難している
PJニュースは、夕刊フジの記事は「ねつ造」だと非難している

   さらにPJニュースは、「恐ろしい誤報の連鎖、マスコミが創作する『事実』の再生産」を続報した。夕刊フジの記事の内容と日本テレビのニュース専門チャンネル「日テレNEWS24」が「ライブドア 自前の報道部門を閉鎖へ」(1月30日午前8時19分付)と報じた内容が似通っていたことから、日テレNEWS24が夕刊フジの出所とみている。なお、小田編集長は日テレNEWS24からも取材はなかったとしている。
   PJニュースの記事では「PJ小田の場合、PJニュースという誤報を質す表現の場があるからまだいい。これが市民社会に広く伝わる表現を持たない市井の人々だったりすれば…。その人の生活自体が成り立たなくなってしまう危険性がある」と、市民記者(パブリック・ジャーナリスト)らしいコメントを寄せている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中